目の整形手術比較サイト

目の整形手術について情報を提供します。

目の整形を知る

美容整形の中でも、目の整形は年齢を問わず女性に多い傾向にあります。そして、その理由も実にさまざまです。元々、厚みのある腫れぼったい一重まぶたで目つきが悪く見え苦労してきたという人や、左右の二重の幅が違うから修正したいという人、まぶたに不満はないが目を少し大きくしたいという人、加齢によってたるんでしまった目元の余分な組織を除去しすっきりさせたいという人など。

目の整形をするには、まず目の整形(参考サイト:目の整形するならココ!)について知ることがとても重要です。現在、もっとも一般的とされている二重形成の「埋没法」や「切開法」にも1点留め、2点留めや部分切開、全切開などがありますが、自分が「この方法で施術をしたい」と思っていても、自身のまぶたの性質上無理な場合も多くあります。

例えば、まぶたに厚みのある人がメスを使わない手軽な埋没法を選択したとしても、埋没法では糸がまぶたの厚みに耐えきれずにすぐに元に戻ってしまう可能性が高いことから切開法を勧められることも多くあります。手軽で人気の埋没法も、雑な施術を受けてしまうと目に糸による異物感が残ってしまい、それがストレスになってしまうこともあります。

また、日本人にも多く見られる目頭の蒙古ヒダは目を小さく見せるばかりではなく、目と目の間が離れているように見えてしまい顔が平面的な印象になりがちです。このような場合は、目頭を切開することで目が大きくなり、元々二重だった人はラインがきれいに出るようにもなります。切開するのはほんの数ミリ程度ですので、術後の腫れも少なく済みます。

目元の美容目的とは別に、男女問わず増えているのが加齢によるまぶたの下垂でたるみが目立ち、目が小さく見えてしまい非常に老けた印象になってしまっているものを解消する目的で整形を希望する人も少なくありません。

まぶたが厚く加齢によって下がって来たという人は、まぶたの脂肪を少し取り除くだけでもたるみが解消され、目も開きやすくなりすっきりとした目元になります。他にも、事故によって目元に生じてしまった不具合を目の整形技術で整えることもありますし、先天的または後天的な理由で上瞼が開きにくくなる眼瞼下垂の治療のための施術など、症状によっては形成外科を受診することで健康保険が適用されるケースもあります。

いずれの場合も、今ではインターネットを通じて知りたい情報をいくらでも探すことができます。特に、大手の美容整形クリニックのウェブサイトでは術前と術後の比較写真も多く掲載されているため非常に参考になりますしイメージもしやすいのではないでしょうか。

また、施術に関してのメリット、デメリットや施術にかかる所要時間、料金や医師の実績を知ることもできますので、複数のサイトで情報を集めて比較するのも良いですね。

なかには、ウェブサイトから質問や相談ができるクリニックや口コミが併設されているサイトもありますので積極的に利用してみると良いでしょう。経験者の口コミは非常に有益なものですし、予期しなかった術後のリスクなどについても知ることができます。

使えるサイトリスト:中性脂肪を減らすにはガイド